矯正治療について

顎変形症の治療

顎変形症は、顎の骨の形・大きさの異常や位置、上下あるいは全体のバランスの崩れが原因 で起こります。上下顎のバランスが崩れているので、顔の見た目の問題だけではなく、かみ合わせがわるくて上手く噛めない、話しづらいといった症状などの機能異常を伴うことが通常です。顎変形症の種類には、上顎前突症・下顎前突症・開咬症・非対称症・ 下顎後退症(小下顎症)などがあります。

顎変形症による問題(かみ合わせが悪い、顎の変形など)を治すため に、原則的には手術前に矯正治療(術前矯正)をし、その後外科手術(顎矯正手術)をします。施術は、一般的に、骨の成長が止まる時期に行います。 手術後に最終的なかみ合わせの調整を目的に、矯正治療(術後矯正)が必要となります。したがって、治療は長期(数年)にわたることになります。

顎の異常があっても、手術をしないで矯正治療を行う場合には、保険は適応されません。

*治療例につきましては、最近、治療前後の写真は掲載できなくなりましたので、下記日本矯正歯科学会のホームページをご参照ください。

日本矯正歯科学会
http://www.jos.gr.jp/about/

口蓋裂の治療

口唇裂・口蓋裂の方の治療は、大きく分けますと、外科、言語、歯、耳の問題などがありますので、単科ではなくチーム医療が必要になります。その中で、乳歯から永久歯までの管理をする矯正科が最も長い期間を担当しています。

特徴として、口唇や口蓋など披裂のある部分の組織量の不足や外科手術によって上顎部の成長発育が影響を受けますので、受け口になることが一般的です。従って、成長期には上顎の発育促進が重要ですが、成長が止まった成人の時期では上下顎のバランスが重要な問題になります。上下顎が前後的にも、水平方向や垂直的にも良好であれば、手術は必要ないのですが、どうしても上顎骨の成長発育がキーとなり、手術になる場合が少なくありません。

また、先天異常で矯正治療の適用が認められる疾患は、唇顎口蓋裂の他に、ゴールデンハ―症候群、鎖骨・頭蓋骨異形成、クルーゾン症候群などもありますので、該当する疾患につきましては、下記の日本矯正歯科学会のホームページをご参照ください。

日本矯正歯科学会
http://www.jos.gr.jp/about/

リンガル矯正

リンガル矯正矯正装置が全く表からは見えないように、歯の裏側に装着して治療をします。
歯の裏側では、視野が狭く矯正操作が難しくなるため技工操作や手間がかかります。 そのため、表側の装置に比べ2倍程度の費用となります。

装置の弊害として、舌が装置に触れて喋りにくい、歯が装置に当たり咬みづらい、などがありますが、徐々に慣れていきます。

インプラント矯正

インプラント矯正歯科のインプラントは、金属の人工物(人工歯根)を骨の中に植立させて欠損した歯あるいは歯列の補綴を行うもので、従来のブリッジなどによる支台歯のエナメル質削除や負担増などを回避するものとして適用されています。

骨の中に埋め込まれた人工歯根は、生着すると押しても引っ張っても動きません。 この点に着目して矯正治療での固定源(歯を動かす場合に固定となるもの=動かしたくないもの)に利用したのがインプラント矯正です。
インプラント(固定源)となるものは、金属プレートや金属ネジがあり、矯正治療が終了すれば撤去されます。

一般歯科のインプラントと異なるのは、簡単な手技で埋め込みが可能で、埋め込んだ直後から力をかけて歯を動かすことができます。
これまでは、固定源を確保するために患者さまに対し長い時間ヘッドギアなどの装着をお願いしてきました。 しかし、患者様はこのような苦痛から解放されますし、術者では非協力による固定源のロスを心配しなくてもよくなります。

インビザライン

目立ちにくい・透明・取り外しOKな矯正システム

インビザライン


インビザライン装置は透明に近いマウスピース型をした「アライナー」と呼ばれ、約1週間ごとに次の治療ステージ(歯の移動を変化させたもの)のアライナーに順次交換しながら、最終的にあなたの歯をきれいな歯並びへと導いていくものです。最近は、治療システムや材料などの開発、さらには矯正用インプラント、加速矯正装置との併用などで、ワイヤーの矯正装置と変わらぬ期間で同等の素晴らしい結果を残せるようになっています。

インビザラインの特徴

1目立たない(透明)
2取り外しができて衛生的
3金属による悩みも解消
4患者様一人ひとりにカスタマイズ
5世界中で認められている(400万人以上の利用者)

●殆どの不正咬合の方に適応できますが、やはり向き不向きがあります。歯科矯正医の診断が必要です。
●アライナーは、矯正歯科医の指導の下、基本的に一日20時間~22時間の装着が最も効果的です。食事と歯磨きや装置の清掃時は外して構いません。しかし、最近材質が改良されて、食事でも装着可能となっています。

加速矯正装置とは

矯正治療に関する問題の一つに治療期間が長いことが挙げられます。
加速矯正accelated orthodonticsとは、矯正治療における歯の移動を速めることで、これまで外科処置や薬物処置などがありましたが、最近では、特殊な装置を使って治療期間を短縮するものが開発されています。 アライナーと併用されています。この背景には、アライナーの治療期間の長さの問題があります。
アライナーの交換は2週間ごとが基本でしたが、昨年から1週おきに変わりました。難症例になりますとアライナーを90枚超交換することがありますが、これが、例えば、3日ごとの交換となれば、9か月で終了となります。通常のワイヤー矯正よりも速く終了することになります

しかしながら、現在のところ、その効果を認める論文、認めない論文ともにあり、賛否が分かれている状態です。そして、日本ではまだ医療機器としての承認は取れていません。
従いまして、これらの加速矯正装置は「歯が速く移動するという報告のあるものという評価になり、すべての患者様に同様の効果があるとは言えない装置」と記述するのが安全・正確な表現となりましょう。
代表的な装置、Accceledent Aura®と OrthoPulse®の動画をご参照ください。

光学3Dスキャナーについて

これまでインビザラインで治療するためには、シリコン印象という方法で精密な歯並びの型取りをする必要がありました。しかし、シリコン印象材は流動性が高く、喉の奥の方まで流れて行ったり、硬化時間が長い、さらには、一旦硬化すると固くて取り出すのが大変だったりと、特に、歯と歯の間に空隙のある成人患者の方、などにかなり負担の大きいものでした。そこで、当クリニックでは、本年12月に口腔内スキャナー「iTero element」を導入いたしました。口腔内スキャナーを使用して、お口の中を光学スキャンすることにより、型取りすることなく歯並びをコンピューター上に3Dで再現することができます。精度もiTero elementの方がシリコン印象より優れています。
これで、アライナーの完成納品までの期間が5日ほど短縮されました。その他、付属のソフトウエアを使って、短時間で簡単な治療結果のシミュレーション説明や、治療中の時期の違いによる歯の移動の重ね合わせなどができるようになりました。

ご参考にYoutube動画をご覧ください。

成人矯正治療について

不正咬合による影響

不正咬合は、次のようなマイナスの影響を、生活のさまざまな面にもたらします。

食べものがうまく噛めない

例えば、出っ歯で開咬の方は、前歯で麺類などがうまく噛み切れず、勢い飲み込んでしまうなど、胃腸に負担がかかります。

歯がよく磨けない、磨き残しができてしまう

虫歯や歯周病の原因となり、歯を失う時期も早くなります。

顔立ちに影響する

コンプレックスを感じる、人前で笑えないなど、心理面の問題が起きることがあります。

発音に影響する

話す言葉が、聞き取りにくい発音になることがあります。

社会的評価に影響する

日本では八重歯はチャーミングとされていますが、国際社会においては、歯並びの悪さはマイナス評価につながりやすいものです。不正咬合があるために、これらすべてのマイナスを日々感じている方もいらっしゃいます。

歯並びをよくすることで一気に解決するのですから、ぜひ矯正をお勧めします。

成人矯正治療はこのような状態の方にぜひお勧めします。

矯正が必要な歯の状態を、総称して「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。
「歯列不正」「咬合異常」と呼ぶこともあります。
具体的には次のような症状があります。これらが複数重なって起きている場合も多くあります。

デコボコ

デコボコ歯並びがひどく不揃いで、雑然とした状態をいいます。
不正咬合の中ではもっとも多いタイプです。

専門的な言葉では、「叢生(そうせい)」、「乱杭歯(らんぐいば)」といいます。
最近では八重歯をかわいいという若い世代の方々もいますが、「八重歯」はこの仲間に入ります。

出っ歯

お顔を横から見た場合、おでこに対して、歯が前方に飛び出している状態をいいます。
出っ歯にも数種類あります。
上あごの歯が前に出ていて、下あごの歯はちょうどいい位置にある場合と、上あごの歯はちょうどいい位置にあるのに、下あごの歯が引っ込んでいる場合を、専門用語では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。
これらの組み合わせが原因となっている場合もあります。

上あごの歯と下あごの歯が両方とも前に出ている状態は「上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)」あるいは、「両顎前突」といいます。

受け口

下あごのほうが上あごより前に出ているために、前歯のかぶさり方が普通と逆になっている状態をいいます。

専門的な言葉で「反対咬合(はんたいこうごう)」、「下顎前突(かがくぜんとつ)」といいます。因みに、奥にある歯が反対になっているのを、「交叉咬合」と呼びます。

すきっ歯

歯と歯の間が、ところどころぴったりつかず、隙間が空いている状態です。
専門的には「空隙歯列(くうげきしれつ)」といいます。

上の前歯の真ん中が離れている人は、「正中離開」と言い、言い伝えではここからお金が漏れるから良くないとされています。
真偽のほどは分かりません(笑)